ぶろぐ

主に遊戯王に関して色々書いていきます。

2017.04 十二獣真竜 1

次の改訂まであと1ヶ月ですが今期使っていた十二獣真竜について書いていこうと思います。

 

〈戦績〉

ブロック予選

1回戦 ミラー ○××

 

同日の32人規模の個人戦(トーナメント)

1回戦 純十二獣 ○○

2回戦 ミラー ○○

3回戦 純kozmo ×○○

4回戦 純十二獣 ○×○

5回戦 壊獣カグヤ ○○

 

勝ちたかったほうで負けました。

 

〈構築〉

f:id:yp_62:20170530203627j:image

 

〈デッキ選択の理由〉

元々前期からの名残で4月頭は純十二獣を使用していましたが十二獣真竜の使用率が上がってきたせいでハマーコングと精神操作というカードが見られ始めたこと、十二獣メタが流行り手数が圧倒的に足りないこと、先行デッキの増加からマスターPを越えるためにはマスターPを使わざるを得ないことなどからドラゴニックDを使うという選択をしました。

命削りとWW魔導真竜も強いと思っていましたが今期の十二獣のプレイに多少の自信があり、また十二獣真竜が流行り始めたブロック予選1ヶ月前くらいから純寄りの真竜を触っても周りのプレイヤーとの1ヶ月の差を埋められないと思ったのでやめました。

ザフィオンを強く警戒して命削りを使わなかったことを軽く後悔しました、結局あまり採用率は高くなかったので。WW魔導真竜もプレイに自信があるならかなり強いデッキだと思います。

今期はデッキ選択の幅が広くて楽しいですね。

 

〈採用理由と使い方〉

それぞれの採用理由を書く前に僕が採用するかどうか決める一つの考えを記しておきます。

それは

「ミラーにおいて十二獣要素を引きすぎるのは弱く、真竜要素はとても強い」

「噛み合いデッキと言われるこのデッキにおいてなるべく噛み合うようにするのと後手の強さを上げる」

の二点です。理由は後述します。

この考え方から「十二獣要素はできるだけ枚数を絞り、真竜要素はギリギリまで枚数を増やす」ということを目標にデッキを組んでいます。

モンスター

サラブレード3

対十二獣入りデッキで一番スタートしたい十二獣です。

サラブレが入ったハマーコングを越えることが難しく、逆に相手のハマーコングを越えやすくすることができます。

WWの破壊耐性クリスタルを黙示録一回で突破できるデッキ内唯一のモンスターであり、タイグリスで拾ってサラブレ×2の素材でクリスタルを突破することもできるため役割は多いです。

一番引きたい十二獣であるため3枚採用しました。

減らすなら2が限度だと思います。1枚と2枚では取れるライフが極端に変わってくるので。

先行のドロー効果はうさぎをケアしている時のみ打ちます。

・ヴァイパー2

3枚入ってる構築をよく見ますが2枚でも十二獣のみでのワンキルができるので2枚にしました。

素材にある時の効果は重複します。このカードが2枚素材に入っているエクシーズでクリスタルを攻撃するとチェーン1ヴァイパーAチェーン2ヴァイパーB(厳密にはそれらから付与される効果)とチェーンが組まれ、Aを無効にすることが不可能なので突破することが可能です。十二獣系ではなくWW入りが流行っていたら増やしていたと思います。

・ラム2

ラムスタートでラムをライカで置いておく動きは強かったですがミラーのヴァイパーで除外されてしまうようになってしまいました。ラム入りハマーコングは固く、ミラーで強そうに見えますがヴァイパースタートされると突破されるため、サラブレードスタートほど強い動きではありません。

以上の理由で3枚は多すぎると判断して2枚にしました。

1枚だとラムスタートでドラDがある時とても残念な動きになってしまうので最低でも2枚だと思います。

素材にあると罠耐性がつくのも今では有名な効果ですね。

・うらら3

十二獣にとっては微妙な誘発ですが打てる範囲が広く、群雄割拠している環境では使いやすいカードなので採用しました。

誘発は被るのが怖いとはいえ、捲る力が命削りほど高くないこのデッキにおいて、ないと負ける試合も少なくないので3枚採用しています。

僕は場合によりますがドラゴニックDにはあまり打たず、継承や命削り、恐竜の卵やミセラ、アイスベルなどに打つことが多いです。

・うさぎ3

ドラゴニックDに一番強い誘発であり、環境のほとんどのデッキがドラゴニックDを使っている以上は強いです。

その上ドラゴニックDを採用していない純十二獣にもかなり効きますし、恐竜が減ったのもあって悩むことなく採用しました。

・マスターP3

使徒がないこのデッキにおいてマスターPの枚数がマスターPを使える枚数であり、ミラーで突破が困難なカードであることから3枚採用しました。

Dがない時の素引きの弱さや破壊効果の弾数の不足も真竜魔法罠を9枚採用していることからある程度緩和されていると思います。

・ダイナマイトK2

人によって評価が分かれるカードですね。僕はとても強いと思います。

一番大きな理由はリリースが一枚でいいというところです。

真竜魔法罠がなくても十二獣が残ってターンが渡ってきた時にライカで増やした余ったバニラと余った召喚権を強いモンスターに変えることができることと後手捲りの時にミラーのハマーコングを聖杯など気にせず殴りに行けたり、普通に魔法罠リリースしてアドバンスするだけである程度盤面を解決できることから使いやすいカードだと思いました。

直前まで3枚採用していましたが罠が2種なので2回使えれば満足なことから2枚に抑えています。

 

長くなっちゃったのでキリ悪いですがここで終わりにして、次の記事に続きます。